就任祝いを贈るタイミング

就任戦線を勝ち抜いているので

就任祝いと言うのは何かと言うことからですが、主に新しく社長や取締役などの役員就任する際にお祝いをすることを言います。通常は取引先への連絡を行なう程度ですが、大企業ともなると就任パーティをするようなところもありますね。

お仕事の取引先で、このように社長・取締役・役員の就任人事があった場合には就任祝いをしなければなりません。特に面識がない場合には必要がないと思うかも知れませんが、取引先である以上無視することは出来ません。社会人としてのマナーですね。

社長・取締役・役員になるのは、簡単にできるものではありません。自分でなりたいといって、なれるものでもありませんよね。激しい競争を勝ち抜いて就任に至っていますので、きちんとお祝いするのはビジネスマンとしては当然のことなのです。就任祝いとしてしなくてはいけないことには、何点かの注意点がありますので、それぞれの項目を参照して確認しておきましょう。

目安になる時期としては

就任祝いをするにも、「知らなかったので遅れた」というのは論外でしょう。必ず就任した旨を伝えるお知らせが届きますので、送付されてきたら出来るだけ早く花やお祝いの品などを用意して送るのが望ましいですね。花であれば就任パーティーなどがある場合はその当日に贈ると良いでしょう。

基本的には、お礼の気持ちを伝えるという行為自体が大事なのですが、世間的にもマナーがありますし、会社としての体面もありますね。今後の取引に影響を及ぼすことは少ないかも知れませんが、礼節を損ねるようなことは避けましょう。分かった段階でお祝いの手配をするようにしてください。

就任祝いには、金品のいずれにするかなどについて、独断で行なうようなことはしないで下さい。あくまでも会社と会社のことですので、個人的な判断はしない方が無難でしょう。上司など目上の方と相談の上で決めていって下さい。会社としての方針があるでしょうから、お祝いについても検討することになります。

相場などについても目安がありますので、そのようにしていくと良いですね。一般的には花を贈るのが多いですね。

→就任祝いの花の贈り方はこちら

このページの先頭へ