就任祝いの相場

親族など身内の場合

親族など身内で行なう場合については、それほどナーバスになることもないでしょう。確かに家族内のことであれば普通のお祝い事のようにするだけですが、「親戚」と言うことになると少々、事情が変わってきます。一般的にはお金を送るとあまり良い印象もないので、花などを送るのが望ましいとされています。

ただし、あまりにも多く花ばかりでもいかがなものかと思いますので、現金ではなく商品券の類いのものを用意すると使用用途も広くなりますし、ストレートに遠近を送るよりも違和感が解消されるのではないでしょうか。

中には社長になって親戚から現金を受け取ることを不快に思う方もいるのです。そういった先方の体面なども考慮しなくてはいけませんね。ごく親しい身内であれば、名入りのビジネス用品などを送るのも良いのではないかと思います。ただし、かなりの上席社になるのですから、極端に安価なものは適していないことを把握して置いて下さい。

取引先(ビジネス)の場合

取引先の方、つまりビジネスのお付き合いをしている場合には全く公共が変わります。就任祝いは現金の場合のし袋に入れて持参、もしくは事情があれば送付することになりますが、社長の就任であれば相場は5万円以上と言うことがほとんどです。取締役および役員については3万円を目安にすると良いでしょう。ちなみに花を贈る場合も相場は同じぐらいです。

現金を送付する場合、現金書留を使用すると思いますが、そのまま入れずにのし袋に入れてから現金書留の封筒に入れなくてはいけません。これは解説するまでもないマナーではありますね。ここに記載した金額については一般的な目安でしかなく、取引先との関係性や上司など、会社としての方針もありますので独断では行えません。適切に指示を受けて下さい。

基本的に現金書留に手紙は入れられませんので、別途、お祝いの手紙をしたためて、送付するようにした方が良いですね。お祝いにお金だけ出せば良いと言うものではないのです。本来であれば、直接本人に手渡すなどの方法を取るのも正式なものだと思って下さい。

→就任祝いの花の贈り方はこちら

このページの先頭へ