就任祝いのお礼状の書き方

就任祝いのお礼に関して

就任祝いのお礼については商品券やお食事のへの招待などで構いませんが、その他にも正式に文面としてのお礼状を送付しなくてはいけません。口頭で伝えておけば良いと言うものではないのです。お祝いの文面同様に、通常のビジネス文書にはなりますが、文例を参照して作成して下さい。

本来であれば、お礼の際に手渡し出来ると良いのですが、それ以外の場合には送付することになります。タイミングとしてはお祝いを頂いてすぐにでもお礼状を出すべきところですが、就任早々で何かと忙しくなりますので、落ち着いてからにしても良いですね。

基本的にはお礼を受け取ってすぐに出せるように、文面の用意はしておいて下さい。最近ではパソコンで作って印刷したものを出すことが多いのですが、本来であれば手書きにするのが常識となっています。印刷したものを使用する場合にも、手書きの一筆を添えるように配慮することも大事でしょう。

実際のお礼状の例文について

文例としては、以下のようなものになります。

〇〇様(フルネーム)

謹啓、○○の候、〇〇様に置かれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、私こと当社代表取締役社長就任に際しまして、早々にご丁寧なるご祝辞と激励のお祝い状を賜り、誠にありがたく、謹んで御礼申し上げます。
未熟者である私が、このような重責をマカされたことにつきましては、皆様のお陰と心得て、与えられました職務に全身全霊を尽くし、精進いたします覚悟でございます。今後とも、何卒、倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは、略儀ながら、書中をもちまして、御礼申し上げます。
謹白

平成○年○月○日

株式会社○○
代表取締役社長○○(フルネーム)

上記のようになりますが、お祝いに金品を受け取っていた場合については、それに関しての、御礼についても書き添えることを忘れないようにしましょう。お祝いを頂いたお礼と、今後のお取引についてのお願いを伝えることになりますね。

→就任祝いの花の贈り方はこちら

このページの先頭へ