就任祝いの贈り物は?

間違いない贈り物は花

就任祝いに送って喜ばれるものの代表的な品物としては、お花がありますね。胡蝶蘭のように象徴的なものもありますし、その他にもアレンジメントフラワーなどの花束を贈ることもあります。「根を下ろして頑張って下さい」という意味を込めるのであれば、鉢の花の方が良いと言うこともあるのです。

同じ花を贈るにしても、出来るだけ縁起の良いもの、また適切な花言葉のあるものなどを選ぶのが望ましいでしょう。花でもシーンによって使い分けが必要になるのです。これに関しては、年齢に関わりなく喜ばれるものとなります。

ただしあまり香りの強いもの、例えば百合のようなものは一見華やかですがお勧めしません。社長室などに置くことになりますので、香りが強いと逆に迷惑にもなりかねないのです。しかし、先方がその花を気に入っていると言うことであれば問題はないのかも知れません。

一番無難な贈り物としては、やはり花を贈るのが良いのではないかと思います。花の中でも鉄板となるのは胡蝶蘭です。お祝いごとに贈られる高級な花として大定番ですね。

送って喜ばれる品物とは

送って喜ばれる品物としては、高級品ばかりではありません。しかしあまり安価なものでも行けないので、難しいところではあるでしょう。名入りのビジネス用品などは、意外に喜ばれるものです。ネクタイなどの身につけるものも役職相応のものが必要になってきます。

平社員のようにチープなものを付けていて問題はないと言うことでもありませんね。あまり、個性的すぎるものは避けた方が良いかも知れないです。例にネクタイを出していますのでそのままネクタイを例えにしますが、イラストの入っているようなものは社長として身につけるのには少々考え物ですね。

格式というものがありますので、ある程度名前の知られているブランドのものなどが好ましいでしょう。また、先方の好きなものがあると思いますので、ネクタイに限らずそのブランドのものをセレクトするのも良いのではないでしょうか。取引先の就任祝いに関しては、あらかじめ先方の好みを知っておくだけの配慮をして下さい。

ただまあ身内などなら別ですが、取引先に渡す物がブランド物というのもなんともやらしいですので、やはり当り障りのない胡蝶蘭かな?とは思いますね。

→就任祝いの花の贈り方はこちら

このページの先頭へ