就任祝いのお返し

お返しもきちんとするのが大人です

就任祝いを頂いてそのままと言うことにはなりませんね。当然、何らかの形でお礼をするのがマナーだと言えます。基本的に、取引先などの場合については、礼状を持ってお返しとすることが多いですね。

親戚や友人・知人に関しては、お祝い返しとお礼状、目下の親戚に関しては、食事に招待するなどのことでお返しとするケースが多く見られます。これは企業の格式によっても異なりますので、いわゆる「慣例」に則って行なうのがベストでしょう。取引先に礼状だけを送る理由などもありまして、これは経理処理上の問題なのです。

そのため、金品を送って良いかどうかという問題ではなく、むしろ送っては行けないものだと認識して置いて良いでしょう。どうしてもお礼をしたい場合には、目下の親戚同様に一席設けてお食事をご一緒していただくなどの行動によってお返しをするのが望ましいですね。形になって残るものは、差し控えるようにしましょう。

お返しの相場について

お返しの相場についてですが、取引先に対してはお礼状のみとするのが基本なのですが、特別懇意にしているなどの事情がある場合には、先方の都合を伺ってからお食事に招くなどでも構わないでしょう。その際には、先方に気持ちの上で負担にならない額で済ませましょう。

親戚や友人・知人については、頂いた金額の半額程度で現金ではなく商品券などを送っておくのは良いと思います。その際には、お礼状を添えることも忘れないようにしましょう。目下の親戚については、前述の通り、お食事に招いてお礼に代えさせてもらうことになります。

いずれのシーンやお相手にしても、食事代の金額が先方に分からないように配慮して下さい。帰り間際にお手洗いに失礼していく振りで構いませんので、席を立ってそのまま会計を済ませてきてしまうとスムーズに帰ることが出来ますし、金額を知られずに済みますね。そういった心配りは大事なところです。席でお会計をするようなところが多くなりますので、この手段は有効に使えます。

→就任祝いの花の贈り方はこちら

このページの先頭へ