就任祝いの電報の贈り方

就任祝いの電報はどういうタイミングでどこに贈ったら良い?

家族や親戚、友人、知人、取引先などの就任祝いの知らせを受けて、電報を贈ろうと考えている人はいませんか。特に就任祝いの知らせを受けるのが初めての人、久しぶりに就任祝いの知らせを受ける人などは、電報を贈る際に次のような点で困ることが多いのではないでしょうか。

「どういうタイミングで、どこに電報を贈ったら良いか。」

まず、「どういうタイミングで」と言うことですが、一般的に人事に関する発表が行われやすい時期は、4月、5月、10月などの季節の変わり目です。電報を贈るタイミングは、正式な辞令が出てからできれば早く、1週間以内を目安に考えてみると良いでしょう。

あくまでも「正式な辞令が出てから」なので、噂話の段階では就任祝いを贈るのは控えましょう。但し、内定の段階でも正式な情報であれば、就任祝いの電報を贈っても大丈夫です。

この時、宛名の役職名を新しい役職名にしたいところですが、それはちょっと待ってください。一般的には今までの役職名を記入することが多いので、今までの役職名でお祝いの言葉を贈りましょう。

それから、「どこに電報を贈ったら良いか」に関しては、相手との関係性に合わせて決めましょう。相手が取引先であれば、迷わず相手の勤務先に電報を贈るでしょう。でも、家族や親戚、友人、知人などの仕事以外の関係の相手であれば、勤務先でも良いですし、相手の自宅に贈るのも有りです。

ただ、勤務先に贈る場合には、うっかり会社の休日に贈り物をしても、受け取ってもらえない可能性が高いです。営業日を考慮して、指定日時を決めましょう。

就任祝いの電報の例文をチェック!

「就任祝いのような大層なお祝い事だと、きちんとした文章を書かなくては。」と、電報の文章を難しく考えている人もいるかも知れませんね。こんな場合には、次のような文例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

「この度は、○○へのご就任おめでとうございます。
今後益々のご活躍と貴社のご発展をお祈り致します。」

これだけ丁寧な文章であれば、取引先を含めて幅広い関係性の相手に使うことができます。ただ、もう少し親しみを込めた文章にしたい場合には、次のような文章がいかがでしょうか。

「この度は、○○への就任おめでとう。
過去の地道な努力が実を結んだものと存じております。
ご多忙のこととは存じますが、お体に気を付けて頑張ってください。」

お祝いの言葉と同時に相手の努力や実力を評価する言葉、相手の健康を気遣う言葉があると、読んでいて心地の良い文章になりますよね。

→就任祝いの花の贈り方はこちら

このページの先頭へ